Feature

住宅の特徴

SPEC
保証
設計

住まいの本質を見つめた本当に良い家づくり

重要な3つの要素

気密性

断熱性

耐震性

POINT 01

暮らしやすさを最大限高める高い気密性

日本で一番厳しい
北海道基準の気密性をクリア

※北海道基準=次世代省エネ基準

厳しい環境である北海道において求められる気密性の基準を
一邸一棟で検査を行い、お約束しています。

ファンホームはC0.5以下の高気密な家を提供し続けています。

C値って何?

気密性を表すC値。
簡単に例えると家の隙間の大きさです。
C値が低いほど隙間が小さく、高気密な家です。

POINT 02

快適な住環境を実現する高い断熱性

ZEH適用基準クリアの高い断熱性

ZEH(ゼッチ)とは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効
率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネ
ルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間
の一次エネルギー消費量の収支がゼロとなることを目指した住宅」

ファンホームが使用している断熱材とは?

株式会社LIXILが開発した、高性能なスーパーウォールパネルを使用しています。
●ファンホームはスーパーウォール工法を採用
「快適」「健康」「省エネ」「安心」を最高基準にまで高めるために「暮らし性能」を追求した住まいをご提供いたします。

詳しくは株式会社LIXIL様のHPでご覧ください

ファンホームはUA0.6以下の高い断熱性をお約束します。

UA値って何?

建物の断熱性を測る数値の一つ。UA値が低い程、高い断熱性があります。

高い断熱性は高い気密性があるからこそ効果を発揮します。

気密性が高い家と低い家では実際の断熱性に大きな差が出ます。

POINT 03

地震の多い日本でも安心。万全の地震対策

構造計算による「耐震等級3」をお約束

第三者期間(役所など)による認定があって初めて「耐震等級3」の認定
を受けることができます。
耐震等級3とは防災拠点となる警察署や消防署と同等の耐震性

ファンホームは暮らしやすくて高性能な家を提供することを数値保証によりお約束しています。

01地盤保証

地盤調査とは、建築物の着工に先立ち、お客様の土地を地質学的と土質工学的に調べることです。

住宅建設の地盤調査は、地盤が建築物を安全に支持できるか、支持するためにはどの程度の不同沈下が予想されるのか、
また、支持できない場合は安全に支持するための方法を技術的に調べることを目的として調査します。

調査方法には、ボーリング、サウンディング、サンプリング、土質試験などがあります。
住宅の地盤調査では、先端がスクリュー状になった棒を回転貫入させるスウェーデン式サウンディング方式が一般的です。
最近では機械を使い、より正確になってきています。地盤調査をすることにより、軟弱地盤であることが判明したら、
地盤が安全に建物を支持できるように地盤改良工事を行います。

02住宅瑕疵担保責任保険について

10年間の瑕疵担保責任保険に加入

FUN+HOMEは、住宅完成から10年間を保険期間とする瑕疵担保責任保険に加入しています。この10年の間に構造体の欠陥など住まいに万が一のことが起きた場合は、2000万円~5000万円までの保険金を受け取り、施主様の建物の補修工事などを確実に遂行します。万が一10年の間に当事業所が倒産したとして も、お客様には住宅瑕疵担保責任保険法人から保険金が支払われるため安心です。

加入の流れ

保証制度

新地住宅に瑕疵(キズ・欠陥などがあり、求められる正常な品質に至っていないこと)があった場合、施主様が建築を行った事業者に保証工事などを請求でき、
事業者には保険会社から保険金が支払われ、保険金などで補修が行われるという制度です。 事業者は事前に保険に加入する必要があり、保険への加入には住宅工
事中に検査を受ける必要があります。

つまり、手抜き・欠陥工事をしていないか工事中に検査を受けることで、瑕疵が発生した際に事業者に正当に保険金が支払われるという仕組みです。

保険の仕組み

  • 1. 保証等請求

    保険期間中に事故や瑕疵が発生した場合、施工様は事業者に補修工事などを請求できます。

  • 2. 保険金請求

    事業者は補修などを行うべきかどうかを検討し、保険金支払事由に該当すると判断した場合は、あらかじめ加入しておいた住宅瑕疵担保責任保険法人に保険金を請求します。

  • 3. 補修等

    事業者が補修などを行います。

  • 4. 保険金支払い

    事業者が補修などを行ったあと、住宅瑕疵担保責任保険法人が事業者に保険金を支払います。

  • a. 保険金直接請求
    b. 保険金支払

    事業者が倒産したなど、一定期間を過ぎても補修などが行えない場合で保険金支払い事由に該当した場合は、施工様から直接住宅瑕疵担保責任保険法人に保険金を請求できます。

03安心安全な施工体制

  • 地盤調査

    瑕疵(問題)を防ぐには、まず足元をしっかりさせる事が大切です。地盤に適した基礎を造るために、最初に全ての現場で地盤調査を行います。家を建てた後に家が 傾いたなどの重大な問題が発生しないように、専門の検査員により、隅々までチェックし、お客様に報告します。

  • 配筋検査

    建物をしっかり支える為に必要な足元の基礎。それほど大切なものにも関わらず施工精度・品質にバラつきが出やすく均質な施工が難しいのが実態です。
    コンクリートで固めると見えなくなってしまう鉄筋の太さや配置が図面通りに組まれているか、 国土交通省認定、JIOの検査員がきちんとチェックします。

  • 構造検査

    今までの検査の中で一番重要な、主要構造体の検査は「主任検査員」というJIO専属の建築士が厳しい目でチェックします。家を支える柱の大きさや位置は図面通 りか?横揺れを防ぐ筋交いは図面通りに配置され、適正に取り付けられているか。木材の水分は25%以下になっているか?など一般の方が見極める事の出来ない細 かな部分までしっかり検査します。

  • 完了検査

    工事がひととおり終わると、最終チェックとして完了検査を行います。具体的には、換気・給気は充分か?シックハウス対策は適正にできているか?間取りや階段の位 置など、図面通りにできているか?などを確認します。この完了検査に無事合格すると、JIOから保証書が発行され、長期に渡っての「安心の住まい」を約束されま す。

POINT 01

暮らしやすさ、快適性も考えられた空間設計

ご家族が健やかに暮らしていくための間取りづくりを、徹底的にヒヤリングした上でご提案いたします。
間取りに合った暮らしをするのか?暮らしに合った間取りを作るのか?
ご家族の将来までをとことん一緒に想像して、世界でたった一つのマイホームづくりをお手伝いいたします。

POINT 02

設計の工夫(パッシブ)で年中
心地よく暮らせる最先端の住宅

自然の力を取り入れて、その土地の良さを最大限活かした家づくりをご提案。
過剰な設備を設置して、ランニングコストが大きくかかってしまうような家ではなく、太陽や風をうまく取り入れて、年中心地よく暮らせる家の方がいいですよね♪

例えば
・風の暮らしの中んで体感できるように開口部を計画する。
・住宅密集地では、ハイサイド窓や天窓から光を室内に招き入れる

POINT 03

コストパフォーマンスの高い家

私たちは下請けや孫請け会社さんに施工を丸投げしません。
直接施工することで、お客様からお預かりしたお金をダイレクトで家づくりに使っていただきます。
中間マージンをカットした、適正価格での家づくりに拘ります。