Message

ファンホームの想い

ファンホームの想い
代表者挨拶

Philosophy

理念

お客様の夢や思いを形にするお手伝いを通じて、ご家族と共に楽しみ、
喜び、感動し、関わる方全てが幸せになり、
近隣の方、さらには地域全体が潤っていく、そんな社会づくりに貢献する。

Concept

コンセプト

大切な自分の家族の家を建てるのと同じ気持ちで取り組む


Passion

家づくりへの想い

「私たちの願いはたった1つ。
ご家族の幸せです ! ! 」

FUN+HOME【ファンホーム】は工務店(作り手)ですが、ただ家を建てる、またはリノベーションする事だけが私たちの仕事ではありません。

私たちの仕事は、お客様の暮らし方に合ったお住まいづくりを、誠心誠意お手伝いさせていただく事です。

性能・耐震・仕様・お好みの生活スタイル・意匠、全てにおいて120%満足していただくために、徹底的に寄り添い、徹底的に伴走し、ご家族が心から幸せに暮らしていくための家づくりとは何か?と共に考えます。

FUN+HOMEは『幸せづくり工務店』です。

お客様の理想を超えるような仕上がりができているか、全ての現場で代表自らしっかりとチェックを行います。

だからこそ、無理な数のお仕事を受けずに年間の着工棟数を制限しています。
年間限定8棟までの幸せづくり工務店が建てる、拘りいっぱいのマイホーム。

日々現場でできる当たり前の事に少し手間を加える、些細な事かもしれませんが、あらゆる事に少しでも質を高める意識を持ち、常にお客様の幸せな暮らしを想像して作り上げる。

お客様第一主義を掲げて、それが職人さん、協力会社さん、他にもたくさんの信頼出来て気持ちと腕がある仲間達に伝わっていき、その輪の中で意識を共有し、『team FUN+HOME』が“ONE TEAM”となり、お客様のために動く。

一つになって、とことん本質を追求した良い施工をする、妥協しない。

これが、我々『幸せづくり工務店』としての在り方であり、FUN+HOMEです。

決して下請けさんに丸投げしない、自社での設計施工に拘ります。
下請けさんや孫請けさんへの中間マージンをカットする事や、たくさんの販促宣伝費をかけない事で、お客様からお預かりする大切なお金をダイレクトで家づくりに使っていただきます。

私たちは、自信をもって適正価格でご提案致します。

「私たちの願いはたった1つ。
ご家族の幸せです!!」

当社ファンホームのホームページにお越しいただきましてありがとうございます。

ファンホームの代表の布野 徹(ふの とおる)と申します。

私は「家」づくりは、住む家族一人一人の「思い」を形にする作業だと思っています。

単に、「この間取りでどうですか?」という提案ではなく、お客様の思い一つ一つをお客様と一緒に形にしていくことこそが「家」つくりだと考えています。

お客様の大事な「家」を一緒に作っていく「作り手」として、私自身を知っていただきたく、私の今までの経験や思いをお伝えできればと思います。

History

遍歴

01

子供服メーカー勤務時代

最初に就職したのは子供服メーカーです。そこでは、百貨店向けのセールス・売り場運営をしていました。当時は「スーツを着る仕事がしたいな」「きれいなビルの会社だしいいなあ」という単純な動機でお世話になる事を決めました。社内の展示会で接客をしていた時の事です。得意先の部長さんから「最寄り駅まで迎えに来てくれないか」と電話がありました。「分かりました!」と答えたものの、他の方の接客でその時間をすっかり忘れてしまっていました。会場のエレベーターからその方が現れた時は顔面蒼白になりました!本当に焦りましたし、それからの時間はほぼ記憶がありません・・・。社会人として未熟な私を温かく育てて頂いた先輩やお客様には今でも感謝しています。当時の先輩たちとは年に数回ですが、みんなで集まって食事をしたりする仲です。この会社で社会人としての基礎をたくさん学ばせていただきました。

02

注文住宅専門のデザイン工務店への就職

学校を卒業して就職した後、自分で何かできないかと思い始め、会社を辞めて職業訓練校に通い始めました。 そんな時、中古車屋を営む高校時代の仲間から連絡があり、「面白い人がいるから会ってみろ」と。 そこで出会ったのが工務店の社長でした。 私は、もともと育った環境が「借家」であることに、ものすごくコンプレックスがありました。 チラシで間取りを見たり、大きな家の外観を見ることが大好きで「自分はこんな家に住みたい!」といつも思っていたので、工務店の社長と話が出来ると思うとワクワクしていました。 お互いの予備知識がないまま、国道沿いのファミレスでお会いして、いろいろな話をしました。 社長はめちゃくちゃ魅力的な人で、短時間でグッと引き込まれました。 ただ、当時の私は家の間取りを見るのは好きでも、建築の経験が全くありません。 「こんな人の下ならサラリーマンしてもいいな・・・」と思いましたが、建築の経験が全くない私はその思いを強く言い出せず、「また縁があれば何かの形で一緒に仕事させてください」と笑顔で別れました。 その3日後、社長から電話がありました。 「うちに来てほしいなと思って」という電話でした。 二つ返事でお世話になることを決めて、建築業界へ飛び込みました。

03

工務店勤務から独立へ

建築の仕事は楽しく、どんどん仕事を覚えていきました。 仕事を覚えていくにつれて、元々考えていた「独立」も意識するようになっていきました。 年に何度か行われる個人面談で、「独立願望がある」と伝えるようになり、2015年10月の面談で社長から「ずっとここにいてほしいけど、自分の中で想いがあるんやったらチャレンジしたらどうや。俺もやってきたからお前の気持ちはわかる」と言ってもらい退社を決めました。 この退社にあたっての思い出があります。 あるお客様で新築のお引渡し後に不具合がありました。 そのお客様とは頻繁に連絡をとって、できる限り誠意をつくして不具合の補修を進めていました。 それがきっかけで親しくさせていただいていたのですが、退社の10日ほど前、お留守の間に業者を行かせてしまい、サッと簡単な補修を行いました。 伝えていたつもりでしたが、事後報告になったことでお客様がものすごく怒られ、「社長に連絡する!」と電話を切られました。 すぐに社長から電話があり、今までで最高に叱られました。 「そんな仕事のやり方では、独立なんかしたって絶対あかんわ!」と。 翌朝6時から社長の自宅前で待ち、まずお詫びし、お客様に直接お詫びしに行きたいと伝えました。 しかし社長からは、「〇〇さんはもうお前に会いたくないとおっしゃっている。お詫びしても自分の気持ちが納得するだけて、〇〇さんはそれを求めていない。今の悔しい気持ちを糧にして今後に向けてがんばれ。」と言われました。 これは本当に深く反省した出来事でした。 この経験は、私の独立後の仕事に対する大きな教訓となりました。 (このお客様とは退社の1年後にお会いしていただけました。) 社長にも、お客様にも本当に感謝しています。

04

ついに2016年2月独立開業!

若い頃から「家」というものに興味があった私が、運命的なタイミングで工務店社長に拾ってもらい、2016年2月についに独立開業しました。 独立開業はしたものの、独立したからといって、いきなり仕事がどんどん入るわけではありません。 最初は工務店勤務時代の業者さんから、「リフォーム工事を手伝ってほしい」と誘っていただいたり、知り合いの紹介でちょっとした手直しの仕事をいただいたりしていました。 そんな日々を過ごしていた時、2016年4月に熊本県を襲う大地震がありました。 地震があってから間もなく、私は友人やご近所のパパ友グループからカンパを募り、仲間のハイエースに物資をパンパンに積んで熊本へ届けに行きました。 震災からちょうど10日ほど経過していたこともあり、あちこち走り回りましたが、どこの避難所も物資が足りてきている頃でした。 そこでさばききれなくなった物資を、熊本の工務店さんに託して熊本を離れました。 それから間もなく社長から仮設住宅の現場監督に誘っていただき、2016年6月半ばから7月末まで阿蘇市の現場で仮設住宅建設に関わらせていただきました。 九州中からたくさんの大工さんや業者さんが集まり、梅雨時期での大雨が本当に大変でしたが、「がんばれ熊本!」をテーマに、一丸となって現場を進めました。 地元の業者さんは、とても少ない睡眠時間で休みもなく、各地の復興に本当に一生懸命でした。 毎日毎日ドタバタの中ですが、皆さん笑顔で本当に元気で暖かい人ばかりでした。 九州各地から集まった大工さんは泊まり込みだったので、何度も何度も一緒に飲みました。 あとから工務店の社長さんから、私たちが関わらせてもらった現場は「現場がとてもきれいで整頓されている」「雰囲気がいい」と地元の業者さんからもとても評判が良かったと伺って嬉しかったです。 母親のふるさと、熊本や九州にたくさんの熱い仲間ができました。

05

新築市場への参入の決意

紹介等でリフォーム工事などをさせてもらっていましたが、じょじょに「ゼロから作り上げる注文住宅の建築」をやりたいと思い始めるようになりました。 注文住宅がしっかりできて「うちにはこんな技術があるからリノベーションも提案できるんですよ!」とお客様に言える環境を作りたかったのです。 そんなことを考えている中、2017年2月に建築コンサルティング会社主催のセミナーに参加しました。 そのセミナーの講師をされていた元大工の社長さんとセミナー終了後に個別で話す時間がありました。 その時、元大工社長の講師の方から「布野さん!やったもん勝ちですよ!できるうちに借金でもしてチャレンジしないと!」と言っていただいた言葉に衝撃を受けました。 その後、324万円のシステムを即契約して導入。 投資は自分にとってとても良い起爆剤になりました。 「大金かけた以上、絶対ここで仕事取る!」という覚悟が強くなったからです。 「独立後、そのうち誰かが紹介してくれて一軒ぐらい新築取れるやろう・・・」と甘い考えでいましたが、この投資をした強い覚悟がなければ一軒も取れていなかったと思います。

06

本格的な新築事業の活動

2017年6月から本格的に新築事業の活動を始めましたが、とにかく最初はお客様に出会えませんでした。 家づくり勉強会という題目で、宇治市の会議室を2日間借りて、チラシをつくってポスティングをしました。 ただ、当時はチラシのレベルも低く、ひたすら熱い想いを書きましたが、全く反応がありませんでした。 ゼロ、ゼロ、ゼロ・・・が続きました。 しかし 「ぜったいこれで受注する!あきらめへん!」という気持ちで、「今週もあかんか、しゃあない!チラシ発注してすぐポスティングや。再来週の会場をすぐおさえよう!」と、なんとかお客様と目の前で顔を合わせるにはどうしたらいいか?を模索し続けていました。 道路も空いていて涼しいので、夏は早朝4時からせっせと1枚1枚ポスティングを続けました。 ポスティングが終わった後は暇でしたので、チラシの見直しやポスティングの時間に余裕があったことは良かったと思います(笑) 「絶対にきっかけを作る!受注する!」と覚悟をもっていたので、自信はなかったですが、希望はすごくありました。 苦労したとは全く感じていませんでした。

07

初めての新築のお客様

ついに2017年11月「布野さんとこでお願いしよう」という方に出会えました! その時はめっちゃ涙が出ました。(私だけですが(笑)) ただ、事情があってこのお客様は少し延期となったのですが、今でも見学会等のイベントはいつも必ず参加していただいてます。 そして実質最初のお客様として大津のお客様からお仕事をいただくことになりました。 この時も本当に嬉しかったです。 その後、少しづつポスティングや見学会の効果もあらわれ、新築のお仕事をいただけるようになりました。 新築の家をお引渡しする際、何かお客様に喜んでもらうことができないかと考え、今までの写真をまとめたムービーをサプライズで見ていただくことにしました。 後半は当社からお客様へのメッセージ、そしてご主人に協力していただき、ご主人から奥様へのメッセージもその中で流します。 おふたりの好きな、思い出の曲にのせて。 これを作っているとき、私は何度も何度も泣きます。 そして引き渡しの時も確実に泣きます(笑) 奥さんも100%泣いてくれます。 この瞬間は本当に何物にも代えがたい、感謝の気持ちや感動をかみしめる瞬間です。

08

当社の理念

当社の理念は「お客様の夢や思いを形にするお手伝いを通じて、ご家族と共に楽しみ、喜び、感動し、関わる方全てが幸せになり、近隣の方、さらには地域全体が潤っていく、そんな社会づくりに貢献する。」です。 一軒一軒、物語のある「家」つくりを通じて、みんなを幸せにできるような会社でありたいと考えています。 そのためにも、同じ想いを持ち、同じ方向に突き進んでいける仲間との組織を作り、お客様満足度120%工務店を目指してこれからも頑張ります!

09

最後に

超~長い私のプロフィールを最後までお読みいただきありがとうございました。 まだまだ伝えきれていないこともあるのですが、これを私の自己紹介とさせていただきます。 「家」は「一生で一番高い買い物」と言っても良いと思います。 それだけ重要な「家」つくりを、どんな人に託すか、はお客様にとってとても重要なことだと思います。 「この文章だけでは、まだ布野のことがわからないので、是非、布野に会って続きを聞きたい!」という場合は是非当社にお越しください! その時は更に熱い思いをガッツリお伝え致します(笑) 当社の考えに興味をもって頂いたお客様とお会いできるのを楽しみにしています!