ZEH(ゼッチ)住宅

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

住宅の断熱性や省エネなどの性能をあげた上で、太陽光発電などの導入によりエネルギーを創ることにより、年間の一次エネルギー消費量の収支を「ゼロ」にする住宅のことです。

日本では、エネルギー基本計画により「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現する」ことが目標となりました。

ZEHとは

太陽光発電を利用したゼロエネルギー住宅

太陽光発電などの創エネルギー、また、HEMSや蓄電池を用いることで、暮らしのエネルギーを最適に制御します。余った電気は売電することができるため、プラス収支を実現することも可能になります。エネルギー問題や暮らしへの貢献はもちろん、経済的なメリットも多くなります。

また、自宅で電気をつくることができるため、万が一、停電が発生しても電気を使うことができ、災害の備えとしても安心です。

これまでの「省エネルギー」に加えて「創エネルギー」の導入を考えた住まいへの注目が高まっています。

ZEH普及目標・実績

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
実績(年間建築総数) ZEH普及目標
0件 0件 2件 70% 70%